外壁リフォームで素敵な外観にしよう~学歴はいらない外壁~

作業

大切な手順

知っておくと良い下塗りの重要性とは

修理

外壁塗装は完了するまで様々なステップがあるため、日数をかけて施工を行いますが、その中で一番重要なのは下塗りです。下塗りをいかに丁寧に施工するかで、その後の耐久性が変わるため、こだわりを持って取り組む事が大切となります。 外壁塗装は施工場所に足場を組み、高圧洗浄で外壁全体の汚れを落とした後、下地処理と養生を行っていきます。そして下塗りに入るのですが、1年後に膨れや亀裂が入らないようにするためには、高品質な工事を行う必要があります。そのため防水性の喪失や雨水の侵入、建物の強度低下にならにように、下塗りは時間をかけて丁寧に慎重に行います。下塗りをきっちり行う事で、中塗りや上塗りも綺麗に仕上がり、耐久性や耐候性も強度になり、安心できる住宅になります。

塗装を工夫する事で得られるメリットとは

外壁塗装にはたくさんの塗料の種類があるため、住宅の仕様や期待する効果効能によって選べるのが魅力です。外壁塗装は住宅を長持ちさせるためのメンテナンス作業となりますが、外観を一新しイメージを変える事も可能であるため、思いきった住宅の模様替えも楽しむ事ができます。 今までと違う雰囲気に仕上げるなら、既存のデザインを取っ払い時代に合ったデザインを取り入れる事で、流行の塗装に仕上げる事ができます。またツートンカラーを取り入れる事で、上下全く別のカラーとなるので、見る方向によって受けるイメージを変える事もできます。雨樋や軒天や破風の塗装は同じ色で仕上げるのが通常ですが、全く違うカラーを持ってくる事で仕上がりは別格になります。